株 式会社 ウィズダムテック
WisdomTeX, Inc.



日本経済新聞「Winny対策に効果的なソフト」

2006年5月12日(金曜日)朝刊 テクノロジー面

2006年5月12日(金曜日)の日本経済新聞(朝刊)テクノロジー面にウィズダムテックの開発中のデジタル免疫セキュリティソフトウエア「Digital-Immune:D-IMM」の記事が掲載されました.

D-IMMはネットワークを介して流れ込む情報と計算機内で実行された処理を個別に監視する人工知能ソフト群(免疫細胞エージェント群と名付けています)を用意しています.これらの免疫細胞エージェント群は,従来のセキュリティソフトウエアと同様に計算機を個別に保護するとともに, 免疫細胞エージェント間の協調により, 怪しい振る舞いを行うウイルスを検知し,排除することができます. このような機能により,Winny等を介して広がるウイルスにも 対処することが可能になっています.
その他,ネットワークを介した協調により, 単体の計算機内では検知不可能な不正侵入を発見できる他, その侵入経路を追跡して,ネットワーク内からの排除も可能にします. このことから,本D-IMMは,企業や大学内等の組織における LAN(Local Area Network)全体の計算機を保護する セキュリティシステムとして用いることにも有効です.

本D-IMMの体験版ソフトウエアを, 6月中に公開する予定となっております. 御興味のある方は, webadmin@wisdomtex.com まで御連絡をお願いいたします. 公開の詳細時期が決定しましたら 連絡させていただきます.

また,本D-IMMの解説書が,岩波書店から岩波科学ライブラリーシリーズとして「免疫を持つコンピュータ」というタイトルで溝口文雄,西山裕之の共著にて6月に出版されます.

 

TOPページに戻る

※ 本サイト及び内容等へのお問い合わせは, webadmin@wisdomtex.com までお願いいたします.
Copyright, WisdomTex, Inc. Meguro Meguro-ku, Tokyo, Japan. All rights reserved.  Copyright,株式会社ウィズダムテック