「SFと科学」の執筆者紹介

SFと科学は微妙に今までもかかわりを持ちながら今日に至っています。今回、このSF界を題材にしたのは、そこに未来の科学の動向を見る思いであるからです。ある意味で、科学の進む道はSFで予測可能であると言う訳です。また、今回執筆頂いた先生方は現代のSF界を代表する著名な方々です。ここではその先生方のプロフィールとホームページへのリンクでその活動を紹介させて頂きます

山岸真(やまぎしまこと)先生:

1962年新潟県長岡市出身埼玉大学教養学部卒。SF翻訳者・紹介者・アンソロジスト。80年代から海外SFの紹介を精力的に行う。主な訳書に、グレッグ・イーガンの全作品、編著に『80年代SF傑作選』(小川隆と共編)、『90年代SF傑作選』、『20世紀SF1〜6』(中村融と共編)など。資料調査や丁寧なリスト作成でも定評がある
牧真司(まきしんじ)先生:

1959年生ま、東京理科大学工学部卒。SF研究家。
システム開発会社、編集プロダクション勤務を経て現在はフリーランス・ライターとして、雑誌のコラムや文庫の解説などでも活躍中。  
八杉将司(やすぎまさよし)先生:

1972年生まれ。九州国際大学法経学部卒業。出版社勤務を経てアルバイトの傍ら小説執筆を続ける
2003年に第5回日本SF新人賞を『夢見る猫は、宇宙に眠る』で受賞。
山之口洋(やまのぐちよう)先生:http://yamanoguchi.com

1960年 1月 15日東京築地生まれ。横浜市、浜松市、久留米市などを転々とする。 1984年 東京大学工学部機械工学科卒業。人工知能関係のある研究所に入所。自然言語処理関連の研究を行う。 1987年 松下電器産業に入社。自然言語処理技術、ワードプロセッサ(日本語/中国語)、オブジェクト指向データベース、知的検索システムなどの研究開発を行う
溝口文雄(みぞぐちふみお)先生:http://www.wisdomtex.com/wisdomtexcenter/wisdomreseach.html

1941年7月15日東京生まれ。東京理科大学で40年に渡って人工知能の研究にたづさわり、SFと科学について授業の中でも取り上げてきた。「2001年宇宙の旅・HALのコンピュータについて」の講義はとても興味深いものであった。
*SFに興味のある方は潟Eィズダムの「書物の帝国」へ